tizona #2


8/30 札幌競馬場
30日の札幌競馬ではまずまずのスタートから行きたがるのはなだめながら道中2番手を追走する。勝負どころでは勝ち馬と併せる形になったが、最後は離されてしまい2着。「ゲートに関しては一歩目が遅いと聞いていましたし、僕自身もレース映像を見ていたので注意していたのですが、想像していたよりも上手く対応してくれましたよ。道中に関してはもうちょっとリラックスしてほしいなと感じましたが、今回は壁を作れなかった影響もあるでしょうし、経験を重ねつつ大人になってほしいですね。気持ちのバランスが取れるようになればさらに幅は広がるだろうけど、今日の距離でもこなしてくれたと思います」(モレイラ騎手)デビュー戦ではゲートの出だけでなく、道中の行きっぷりももうひとつになってしまいましたが、一度使った影響かむしろ前向き過ぎるほどの走りでした。勝ち馬に目標にされた分もあり勝ち切ることはできませんでしたが、幼さが残る現状ながら上位の走りをしてくれていますし、経験を重ねつつさらに前進を図っていきたいところです。この後はレース後の状態を見ながら続戦するか、ひと息いれて秋競馬に備えるか判断をしていきます。

9/2 NF早来
「先週の競馬はデビュー戦と違ってかかるくらいの行きっぷりでしたし、勝ち馬に狙われてしまって最後は交わされてしまいましたが、それでも勝利を意識できる走りはしてくれたと思いますね。レース後はそのまま札幌競馬場で状態を確認してもらい、火曜日にこちらへ放牧に出てきています。まずは軽めに動かしながら状態の確認を行っていきたいですね」(早来担当者)「先週はいちばん良い結果を出すことができなくて申し訳ありませんでした。レースへ向かう過程での様子は良くなっていると聞いていましたし、レース当日の雰囲気も悪くはなかったんです。ただし、まだ子供っぽさは随所に垣間見られたのも事実でした。ゲート内でもキチッとした姿勢でいたわけではなかったですし、ところどころでチャカチャカもしていましたね。モレイラジョッキーがうまく対処してくれたので良い姿勢でなくてもゲートを5分以上に出してくれました。初戦でゲートの出が遅かったということを頭に入れてくれていたのでしょう。出した分だけ馬はやる気になって3コーナーくらいまでハミを噛んでいましたから、それだとさすがに終いの伸びはひと息になってしまうでしょうね。経験を積んで良くなっているのは確かだと思うのですが、本当に良くなるにはもっと時間と経験が必要なのかもしれません。お母さんも最初のころからいいパフォーマンスは見せてくれていましたが本当に良くなったのは時間が経ってでした。幸い、お母さんと異なりこの仔はカイバを食べてくれるのでその点は心配せずにいられますから、地道に成長させていき何とか大成させていければと思っています。レース後の様子は大きく変わりなさそうに見せました。当初は美浦に連れて帰ることもプランにあったのですが、まだ体力がしっかりしていないなか、レース後に長距離輸送をすると熱発などを起こしかねません。そのことからこのまま美浦に連れていくのはやめてノーザンファームへ放牧に出させていただきました。今後の具体的なことに関しては牧場での様子を見ながら判断していただくことになると思いますし、また帰ってきてくれるときを楽しみに待っています」(大江原助手)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>